ERP / シェアードサービス サポート

御社では、親会社の会計システムやERPシステムの記帳を負担に感じることはありませんか?
このような場合、弊社スタッフが御社オフィスにお伺いし、もしくは、VPNによる弊社オフィス内での業務代行が可能です。適材適所にリソースを配分し、効果的で効率的なコソーシングサービスを提供いたします。弊社スタッフは、SAPやOracle、またMicrosoft Great Plains等様々なシステムを経験しています。また、必要に応じ、御社の親会社と直接コミュニケーションを取り、業務遂行もいたします。

シェアードサービスセンターへのサービスサポート

記帳を海外のShared Service Center(SSC)に依頼してゆく会社が増えており、元帳自体が英語でかつ、日本の消費税や源泉税の取扱いにつき、正確な処理をしてないケースが見受けられます。また、会計と税務が異なった処理をしている場合などは元帳との整合性や税務申告の場合の資料作りのため海外のSSCとのやり取りに頭を悩ますことも多々出てきています。弊社ではSSCとクライアント及び税務申告を請け負う会計事務所との連絡を行い、税務申告の際に必要な決算書、内訳書、消費税計算書、外形標準課税のための資料作りのほか、申告の際に作成するワークシート等を作成するSSCサービスサポートを行なっています。

消費税記録の適正化サービス

最近の経済環境の影響を受け日本にある外国法人の支店や子会社は、経費削減を余儀なくされています。
その一環としてバックオフィスの機能(会計、人事、給与計算等)を他国のシエアードサービスセンター(SSC)や親会社に移し変えている傾向があります。結果としてSSCや親会社が使用している会計システムが日本の消費税の取引を適正に記録できない欠陥が生じています。加えて日本の消費税は請求書、計算書、領収書等に常に表示されている訳ではないため、これが更に問題を複雑化させている要因です。このため年度末時点になって問題が顕在化し、消費税申告書の提出後に日本の税務当局から求められている勘定科目レベルでの消費税記録を提出できない事態に陥ることになります。

SSCと諸官庁等との給与計算コーディネーション

近年では給与計算に係るコストを削減するために海外のSSCに給与計算を業務委託している会社が増えています。ただ、日本の給与計算は源泉所得税、社会保険、労働保険と密接に絡んでおり、また、従業員の意識も会社に依存していることもあって、計算そのものの正確性、社会保険や労働保険の手続きとの関連では完全に海外のSSCでまかない切れないのが現状です。その問題に対処するため弊社ではSSCの代わりに諸官庁等との連絡を行い、源泉所得税、社会保険、労働保険の観点から見た取扱いを適時に推奨するPayroll Coordination Serviceを行なっています。