海外扶養者の要件追加

海外扶養者の要件追加

2020年4月から適用

健康保険被扶養者に国内居住要件

健康保険の被扶養者の認定において、原則 国内の居住要件を導入 2020年4月~

例外あり(健康保険施行規則で規定)
・留学生
・日本からの海外赴任に同行する家族
・海外赴任中に結婚した配偶者・子供
・就労以外の目的で日本から海外へ渡航(ワーキングホリデー 青年海外協力隊 等)
・その他日本に生活の基礎があると認められる者

国内居住要件により被扶養者でなくなる者が施行日時点で入院している場合、入院期間中は被扶養者の資格を継続させる経過措置あり

国民年金第3号に国内居住要件

国民年金第3号被保険者の認定においても、原則 国内居住要件を導入 2020年4月~

・サラリーマンや公務員等に生計維持(扶養)されている
・20歳以上60歳未満
↓2020年4月から追加される要件
・日本に居住している(日本に生活の基礎がある)

上記は基本的な判定方法。最終的には各法の取扱を勘案して日本年金機構が認定。年金受給ができる者の配偶者には、上記に該当しても国民年金第3号被保険者にならない場合あり。

免責事項

上記のガイドラインは、一般の方対象にわかりやすさを目的に作成しており、情報の正確さについては保証の限りではありません。ガイドラインに記載の情報のみを根拠とせず、御質問ある場合は、弊社にご連絡ください。なお、ガイドラインについてOC&Associatesに無断で複写、複製、配布することは禁じられています。