外国人の雇用について

外国人の雇用について

2020年3月1日から

外国人雇用状況の届出において在留カード番号の記載が必要になります。

外国人を雇用する会社(事業主)は、外国人の雇入れおよび離職の際に、その氏名、在留資格などを記載した「外国人雇用状況届出書」をハローワークへ届け出ることが義務づけられています。該当する外国人が雇用保険に加入する場合は、「雇用保険被保険者資格取得届または資格喪失届」の備考欄に、在留資格、在留期間などを記載することで「外国人雇用状況届出書」に代えることができます。
加えて2020年3月1日から、その届出において在留カード番号(在留カードの右上に記載されている12桁(英字2桁―数字8桁―英字2桁)の番号)の記載が必要になります。資格取得届および資格喪失届の様式がそれに対応されるまでは、所定の別様式に在留カード番号を記入の上、資格取得届または資格喪失届と一緒に提出することになります。なお、EPSに在留カードをインポートするメニューを用意しております。在留カードをご提供いただく際は、そちらをご利用ください。

在留カードが最新のものであることの確認義務は会社(事業主)にあります。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/gaikokujin.html